スポンサードリンク

2007年05月19日

日傘のルーツ

日傘は、雨ではなく、強い日差しを避けるための物であり、地面に軸を突き刺して利用する大判の物もあるが、一般に「日傘」と呼ぶ場合は、雨傘と同じく手にもって使用する小型の物を指す。

大判の物は「パラソル(parasol、フランス語)」と呼ばれることがあるが、parasolはフランス語の元の意味では婦人用の日傘を指す。

日傘はその用途上、防水機能よりも紫外線反射機能や装飾性が求められ、雨傘と比較してサイズが小さめである場合が多いが、大寸のドーム型パラソルも登場してきた。 

ビーチで使用されるものはビーチパラソルと呼ばれる(英語ではbeach umbrellaと呼ばれる)。
都会の雑踏の中で日傘を愛好する人は適度な大きさを選び、道幅に余裕があったり徹底的にUVカットを目指す方々は逆に大きいものを好む。

関東の方は総じて街中でも邪魔にならない小さめを好み、関西の方は焼けない大きめを求めるという興味深い研究結果もあり、これはパラソル用途に対するニーズの多様化を示すものである。


また、男性は殆ど利用しないという特徴もあったが、昨今は男性も美肌や熱中症予防、そしてクールビズの用途で愛好家が増えている。

沖縄では男性の日傘愛好会も出来たほどで、静かながらムーブメントが起きつつあると考えてよい。


晴雨兼用傘
日傘の普及に伴い、特に雨天でも使用可能を謳って商品化された日傘。普通の日傘よりも布の目が細かく、水を通さないようになっているが、日傘としても使える雨傘ではなく、不意の雨でも使える日傘といったスタンスで、デザインや大きさなどは日傘に準ずる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

男性はほとんど日傘は持ちませんが、私の場合はゴルフをやるんで、夏場はあまりにも暑い時は使ったことがありますが・・・

しかし、パラソルの語源が婦人用日傘から来ているとは意外です(笑)
posted by kiki at 02:15| 日傘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。